〒 520-2192
滋賀県大津市瀬田月輪町
滋賀医科大学
神経難病研究センター
TEL 077-548-2330
FAX 077-548-2331

国立大学法人 滋賀医科大学

日本認知症学会

学会・講演会・講習会のお知らせ

第23回MNRC国際シンポジウム (第2回神経難病研究センター国際シンポジウム)を開催しました。多数のご参加ありがとうございました。

2017年10月30日(月)14:30-16:30に滋賀医科大学臨床講義棟第2講義室において、第23回MNRC国際シンポジウム (第2回神経難病研究センター国際シンポジウム)を開催します。

 2017年10月30日に第23回分子神経科学研究センター国際シンポジウム
“Alzheimer’s Disease: New Insights of the Pathological Process”を開催しました。
 シンポジウムは、最初に塩田浩平学長の開会の挨拶が行われました。引き続き、遠山育夫センター長の座長により、神経難病研究センターのDouglas G. Walker教授が” Japan-USA collaborative research on Alzheimer’s disease neuroinflammation(アルツハイマー病の神経炎症に関する日米共同研究)”という演題で基調講演をされました。ついで、西村正樹教授の座長のもと、アリゾナ州立大学のLih-Fen Lue教授が、新しいテクノロジーを用いたアルツハイマー病の体外診断法について講演され、さらに漆谷真教授の座長のもと、カルフォルニア大学サンフランス校のBrittany N. Dugger助教授がパーキンソン病とアルツハイマー病の末梢神経病変について講演されました。参加者は、49名で、活発な質疑応答がなされました。最後に研究担当の小笠原一誠理事から閉会の挨拶があり、盛会のうちに終了しました。

The 23rd MNR International Symposium
(会場の様子)


Opening remarks by the president Shiota


The lecture by Professor Douglas G Walker in MNRC, SUMS


Dr. Dugger and Dr. Lue


左から, Prof Urushitani, Prof Nishimura, President Dr. Shiota, Prof. Walker, Prof. Lue, Dr. Dugger, Vice-resident Dr. Ogasawara, Prof. Tooyama

第23回MNRC国際シンポジウム (第2回神経難病研究センター国際シンポジウム)を開催します。

2017年10月30日(月)14:30-16:30に滋賀医科大学臨床講義棟第2講義室において、第23回MNRC国際シンポジウム (第2回神経難病研究センター国際シンポジウム)を開催します。

 ■ 演題と演者:以下のプログラムをご参照下さい。
 ■ 日 時: 平成29年10月30日(月)14:30 ~ 16:30
 ■ 場 所: 滋賀医科大学 臨床講義室2 

◆このシンポジウムは大学院博士課程の講義および
  リーデイングプログラムの講義として認定されています。

【プログラム】
1) 14:30 Opening Remarks: Kohei Shiota
(President and Dean, Shiga University of Medical Science)

2) 14:35–16: 30 Presentations
1. 14:35–15:00 Chairperson: Ikuo Tooyama (Professor, SUMS)
“ Japan-USA collaborative research Alzheimer’s disease
neuroinflammation”
Douglas G Walker (Professor, SUNS)

2. 15:00–15:45 Chairperson: Masaki Nishimura (Professor, SUMS)
“ Amyloid beta and tau as Alzheimer’s disease blood biomarkers:
promise from new technologies.”
Lih-Fen Lue (Professor, Arizona State University)

3. 15:45-16:30 Chairperson: Makoto Urushitani (Professor, SUMS)
” What can peripheral tissues tell us about Parkinson’s and
Alzheimer’s disease?”
Brittany Nicole Dugger
(Assistant Professor, University, California, San Francisco)

3) 16:30 Closing Remarks: Kazumasa Ogasawara
(Vice-President, Shiga University of Medical Science)

 なお、お問い合わせは神経難病研究センター 遠山真由美
 (mayumit@belle.shiga-med.ac.jp, Tel:2331)までお願い致します。

AMEDキックオフシンポジウムを開催しました。

2017年4月21日(金)13:00-14:00に滋賀医科大学臨床講義棟第2講義室において、希少難治性疾患に対する画期的な医薬品医療機器等の実用化に関する研究:薬事承認を目指すシーズ探索研究(ステップ0)に採択された「筋萎縮性側索硬化症の病原タンパク質に対する自己分解型細胞内抗体の実用化に向けた前臨床研究」(代表:内科学(神経内科学)講座・神経難病研究センター神経内科学部門 漆谷真教授)のキックオフシンポジウムを開催しました。

AMEDキックオフシンポジウムのお知らせ

脳プロ『融合脳』滋賀医大拠点課題キックオフシンポジウムを開催しました。

2017年1月17日に、脳プロ『融合脳』滋賀医大拠点課題キックオフシンポジウム(代表 神経難病研究センター分子神経病理学部門 西村正樹教授)を開催し、活発な討論が行われました。

キックオフシンポジウムの様子

第22回MNRC国際シンポジウム (第2回神経難病研究センター国際シンポジウム)を開催しました。

2016年10月28日(金)に、第22回MNRC国際シンポジウム(第2回神経難病研究センター国際シンポジウム)を開催しました。

多数のご参加、ありがとうございました

 

ページの先頭に戻る